This Archive : 2004年10月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2004.10.31 *Sun

萬聖節。

この週末、香港は萬聖節でございます。
・・・と書くと、「え?なになに、また中国的行事?」と思われそうですが、ハロウィーン幽霊のことです。

2週間くらい前からお店(少しおしゃれな茶餐庁を含む・・・ぷぷっ笑顔)のデコレーションがハロウィーン仕様になり、おもちゃ屋さんや雑貨屋さんは特設仮装コーナーを作って準備万端
・・・ってゆーか、そこんとこやっぱり香港、商魂たくましい拍手
スポンサーサイト
17:46CM(0)TB(0)EDIT

2004.10.30 *Sat

無言天地劇団

土曜日の昼下がり、けりとCCTは沙田に出かけました。
けりは初・KCR、初・新界ですよクラッカー 

お目当てはCCTの恩師にお会いすることと、その恩師がかかわっていらっしゃる「無言天地劇団」の公演を見ること。

01:48CM(0)TB(0)EDIT

2004.10.29 *Fri

映画に行くの巻。

今日は「重陽節」のお休みで、なんでも家族でお墓参りに行く日らしいのですが、CCTは特にそういうことをしないらしく、午後から太古城に行って、ぷらぷらしていました。


下午茶(アフタヌーンティー:と聞いて想像するような優雅なものではない)にしては少々遅い時間に食べてしまったし、それからどこかに繰り出そうかという元気もなかったので、そういうときは映画に限ります。
$45だったから・・・700円しないのよね拍手

ふたりして観たい映画はもっちろん!キムタクも出ている『2046』なのですが、残念ながら太古城では上映しておらず・・・あら、そうすると香港だし~、ジャッキー・チェンの『警察故事(ポリスストーリー)』か?という話にもなりましたが、ふたりの間にぬる~い空気が流れた汗ので、アンディー・ラウとサミー・チェンのドキドキ小ラブラブラブストーリードキドキ小『龍鳳鬪(ただし、構えのなかの部分はなし)』を観ることにしました。

けりが香港に来てからというもの、あちこちにこの映画のポスターが貼られていて、ドロボウセレブ映画らしく宝石屋さんとのタイアップも大々的に行われていて、バスのTVでも「全部見せちゃったんじゃない?」っていうくらいのプロモーションVまで流れていて、さほど期待してなかったんだけど、いい映画だった・・・☆ふたつ半ですっ!

香港きっての色男とトップアイドル(なの?)のアイドル映画かと思わせておいて、笑いあり(だって、アンディーの姓が“盗”で、盗先生・盗太太なんて真顔で呼ばれてるんだから)、涙あり(それはひ・み・つ♪)の、とてもよくできたエンターテイメント作品でした。


・・・それにしても、本編が終わったら、あっという間にだーれもいなくなりました
製作者に敬意を表してエンドロールは最後まで見る、というポリシーを持っているけりとしては、納得いかーん雷・・・ハリポタの時もみんな帰っちゃうのかな?
01:58CM(0)TB(0)EDIT

2004.10.29 *Fri

すっきり結婚式。

CCTの大学時代の友達の結婚式(登記)鐘に参列してきました。

場所は中環のCity Hall。定刻よりも少し前に到着すると、中庭では4,5組のカップルを家族や友人が取り囲んで写真撮影をしていて、お目当てのカップルを探すのに一苦労落ち込み

平日なのにこの盛況ぶり?!と思ったら、今年は暦の上で結婚の当たり年で、お日取りもよい(らしい・・・CCT談)とのことでした。

この「結婚式」は宗教的なものではなく役所への登録なので、式を挙げるカップルはウェディングドレスにタキシード姿ですが、その他の参列者はまるで近所のスーパーに買い物に行くかのごとく、平服です。

定刻になると、ぞろぞろと式を挙げる部屋に入っていきます。
特に案内係がいるというわけでもなく、エレベーターガールならぬエレベーターボーイ(?)は新郎が務め、これもまたなんだか可笑しかった。

式を行う部屋には、前面にテーブルがあり、その左手には新郎新婦のお父さんたち、右手には新郎新婦が着席し、その他の参列者は部屋の半分から後ろに整然と並べられた椅子に着席します。
新郎新婦のお父さんたちは結婚の承認者、参列者は立会人、といったところのよう。
式は全部で15分ほど、お役所の人の進行で、指輪交換、登録証へのサイン、宣誓がおこなわれ、お約束の「キス!キス!ドキドキ大」のコールが参列者席から湧き上がりました。

その後は次のカップルに部屋を譲らないといけないので、またぞろぞろと中庭に繰り出して写真大会。家族・親類以外はここで流れ解散になっていました。
日本と違って続けて披露宴というわけではなく、ちょっぴり拍子抜け。なんともさっぱりした式でした。
01:45CM(0)TB(0)EDIT

2004.10.29 *Fri

サウナに挑戦の巻。

CCTに誘われて、サウナ温泉に初挑戦。
香港のサウナは日本の「健康ランド」みたい。
サウナ・シャワー(お風呂)の後に休憩室で飲んだり食べたりして(その気になれば、何時間いてもいいらしい)、その後マッサージ、という流れです。


けりは鋼鉄の肩を持つ女なので、マッサージは東京でいろんなものに挑戦してきましたが、ここのが一番気持ちよかったかも拍手

最初のWarm Upだけバスタオルの上から揉み解され、その後は突然タオルをはがされて、クリームやオイルを使ったマッサージになります。女性のマッサージ師さんだったので力加減もちょうどよく、彼女の手にあたる、こっているところを重点的に解してもらいました。
本当は気になる部分をリクエストするのでしょうが、言わなくても探し当ててもらえて、それもうれしかった音符


サウナでは1時間=45分というカウントで、この日は2時間、つまり90分たーっぷりドキドキ小揉み解してもらいました。
それも気持ちよかった理由のひとつかな。


ガイドブックに書いてあった大筋の流れを頭に入れておいたので、そんなに戸惑うこともなく、さらに“初めての上に広東語がわからない悲しい”と自己申告して案内係の人たちが気にかけてくれたので、快適に過ごせました。
女性の方は浴槽がなくてちょっと残念だったけど(男の子はジャグジー温泉もあるらしい、きぃーーーっ!!!)、全体的に清潔にしてあって、もちろんバスタオルは使い放題。
お客さんの年齢層も20代後半くらいのOLさんたちから、50代前後のおばちゃんたちまでいろいろで、お友達同士で来ている人たちもいました。


最後に老婆心ハート
何でもそうだけど、値段を聞いて飛び込むのではなく、行ったことのある人に聞いて行くのが一番安全で“健全な”サウナを楽しむことができるそうです。
けりとCCTがいったところは、CCTが行きつけにしているところ、つまり料金や衛生状態がよくわかっているところで、偶然女性用も併設していたのでした。
01:36CM(0)TB(0)EDIT

2004.10.29 *Fri

九龍おさんぽ。

土曜の午後。仕事絡みの会合があったCCTと尖沙咀のハーバーシティーで待ち合わせをし・・・歩いた~、歩きましたよ、この日は走る

今まで足を踏み入れなかったディープな香港をいろいろ見てきました。
デジカメ持って行かなかったのが残念。

01:25CM(0)TB(0)EDIT

2004.10.29 *Fri

ひさしぶり。

先週の金曜日、ロンドンで去年の夏の英語コースからいっしょだった香港人の I と、香港在住の彼と結婚間近のTYがわが家に遊びに来てくれました。

・・・とはいっても、うちにはまだ(いまだに)鍋・釜類がないので悲しい、ピザのデリバリーと来週BirthdayのTYのためのケーキ、それから再会のよろこび(?)でおなかとココロハートを満たしました。

友達と会うのって、楽しいね音符
01:09CM(0)TB(0)EDIT

2004.10.28 *Thu

マカオ二泊三日の旅 (10/1~3)

CCTの大学時代からの友達、FF嬢が

マカオに行こう!食い倒れの旅よ!!ブタ

と言うので、行ってみることにしました。
17:41CM(0)TB(0)EDIT

2004.10.28 *Thu

香港100万ドルの夜景。

前回の記事で「1週間遅れが・・・」なんて言ってましたけど、さらに遅れています 困った
性格だから仕方ないよなぁ・・・と開き直りつつ 少しずつCatch Upしていきたいと思ってます、はい。

えー、9月29日、待望のヴィクトリアピークに上ってまいりました。
よくポストカードやポスターなんかで高層ビルの背後からヴィクトリア湾・九龍サイドに向けて撮った写真がありますが、あの風景はここから見えます。

けりとCCTはピークトラムで上りました。まるでTDLのビッグサンダーマウンテンの最初の登りか?!というくらいの傾斜45度の上りにはもう笑うしかありませんロケット
とにかく、トラムはグングンと上っていき、高層ビルはだんだんと視界の下へと下がっていきます。

ピークにはロンドンの有名なマダムタッソー蝋人形館のHKバージョンなどのアトラクション、ショッピングモールやレストランもあって、観光客でいっぱい。
そういえば、香港に来て初めて、観光スポットに行ったような気がします。そのせいか、一息ついたカフェではなぜか日本人客に囲まれ、なぜか日本人とみなされず・・・なかなかおもしろかったウインク

ローカルながらCCTは夜のピークは初めてとのことで(ま、そんなもんです)、彼もその夜景の美しさには興奮していました。
17:07CM(0)TB(0)EDIT

2004.10.28 *Thu

中秋節

この1週間はばたばたしてなかなか時間がなく、気がついたら1週間も前の中秋節のこともアップしてなかった・・・困った


さて。
9月28日は中秋節でした。日本でいうところの十五夜のお月見の日。香港では、家族と夕食を取った後に月餅を分け合って食べ、その後出かける(お月見に行く月)というのがパターンのようです。

香港の月餅は日本のものと違って、ずっしり と重く、蓮の実のあんにお月さまを象ったガチョウの卵(黄身)ヒヨコ が入っています。

でも、これ、ちょっと苦手 落ち込み ・・・

東京OL時代に香港の取引先から毎年いただいていましたが、いつも「卵抜き」をリクエストしていました。
これは何も日本人だけではなく、どうやら香港の若者層にもウケが悪いアウトらしく、お菓子メーカーもあの手この手で攻勢してきます。あんではなくてクリームだったり、皮の部分がアイスクリームだったり。

・・・というわけで、キラキラスタバの月餅キラキラを購入!

見た目は普通の月餅と変わりませんが、中のあんがほのかにコーヒーの香りがするコーヒーフレーバーのものと、それにマカダミアナッツが入ったもの。
店内で食べられるケーキメニューの一つとしても、チョコレートババロアの中に卵のかわりのオレンジババロアがはいっているケーキがあって、「スタバ、なかなかやるな」って感じでした。

ついでに、伝統的な月餅はブリキの缶入りで、最近はリサイクルを謳った広告をMTRの駅などで見かけます。エコバンザイクラッカー

夕方にCCTの妹さんのアパートにこの月餅をデリバリーした後、ヴィクトリアパークのランタンを見に行きました。
伝統的な形のもの、宇宙ステーション、ジャンク船など、いろんなかたちのランタンがありましたが、来年オープン予定の香港ディズニーランドのシンデレラ城のランタンもあり、お祭りが始まる8時前にはたくさんの人々が集まっていました。

16:45CM(0)TB(0)EDIT

2004.10.28 *Thu

香港歴史博物館

今日はお天気もよかったので、CCTといっしょに香港歴史博物館に行ってきましたバス


その名のとおり、4億年前から中国返還までの香港を、ジオラマあり、映像ありでわかりやすく説明してあって、かなりオススメです。

エントランスを入ると、香港の中国返還を決定した鄧小平・サッチャー会談(彼らのうしろにはパンダの絵の屏風が。)の蝋人形があって、さっそく目を奪われますドキドキ小

第二次大戦中のことについてはとかく端折られがちな日本の歴史教育では語られない(ってゆーか、けりもCCTから聞いて初めて知った)香港の日本占領時代(1941-1945)についてもひとつのコーナーにまとめられています。

この時期は大陸から戦火を逃れてきた人々で香港の人口が膨れ上がっており、日本占領政府が食糧問題の解決策としてその難民を強制的に大陸に戻したり、インフレでみるみるうちに紙屑同然となった軍票を発行したり、はたまた台湾同様言語政策を行って、学校では日本語・日本文化を教えたり、と、その時期の香港の人々の困窮、苦難を思い知らされました。このコーナーの映像は、日本の敗戦に伴ってイギリスに返還されたときのパレードで締めくくられるわけですが、そのライオンダンス(いわゆる獅子舞、もしかしたらドラゴンだったかもしれません)がとても生き生きとしていて、自由を取り戻した喜びがよく表れていました。

そのほかには、香港に暮らしてきた4つの民族(水上生活者・福佬人・客家人・本地人)の生活を紹介したコーナーがとっても面白かった 電球
水上生活者のコーナーにはジャンク船が、福佬人は塩田が、客家は住居が、本地人は男児が生まれたことを報告するお祭りや結婚式が再現してあり、もちろん建物の中に入ったりすることもできて楽しいです。

香港に旅行される方は、ショッピングや食事が目的なのだと思いますが、この博物館では香港の歴史を知ることができ、さらに香港への興味が深くなること請け合いです。じっくり見て回ると半日では足りないくらいで、それでいて大人HK$10というのはよい! まる


**香港歴史博物館** 

http://hk.history.museum

紅磡駅・バスターミナルから徒歩5分
MTR尖沙咀駅から徒歩10分
16:31CM(0)TB(0)EDIT

2004.10.28 *Thu

はじめての・・・3連発。

9/11にロンドンから香港に到着して10日以上経ちました。新鮮な感覚を持っているうちにいろいろ書き留めておこうと思います。


香港は今回が初めてです。けりくらいの世代のOLだと、ブランド物ショッピングプレゼントや飲茶三昧料理しに一度は来たことのある人が多いはずなのですが、けりは初めてです。

意外と街中はキラキラ清潔キラキラで、人々はえらく衛生に気を配り(この件については後ほど)、なんとなくやっていけそうという感じがしています。あ、でもこれってきっと、けりがロンドンに1年いたというのも影響してると思います。だって、ロンドンのバスも地下鉄も汚いし、人々はどこでも歩きながらでも食べてるし、ごみはポイポイその辺に捨てるし・・・困った
16:17CM(0)TB(0)EDIT


Profile

けり/kel

Author:けり/kel
香港に生息中♪



Ranking

こっそり参加中・・・。



最近の記事



最近のコメント



Thermos Cat



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ☆kel in HK Wonderland☆ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。