This Archive : 2005年06月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2005.06.26 *Sun

CCTくん発熱の一日

今朝は昨日までの天気とはうって変わって
強烈な夏の日差しで目が覚めました太陽

・・・いつもの土曜ならお昼ごろになって起きるけりですが
今朝はなぜか9時起き。
しかし、土日に関わらず早起きのCCT氏が起きてきません。
ここ2,3日調子が悪かったのが悪化し、とうとう熱を出してしまいました。

体温計で計ってみたら、
ピピッて言う前にやめちゃったけど38.4度炎
こういうときのためのものがうちになかったので
慌てて近所のマニングスへお買い物。

・アイスノン
・冷えピタ(アイスノンが凍るまでのピンチヒッター)
・ポカリスウェット

・・・全部日本製品じゃないですか(笑)
でも、アイスノンはCCTのリクエストだったんですよ。
香港でも認知度高いらしい・・・。

けりの解熱法は

バファリンを飲み、ポカリスウェットをガブ飲みして、ふとんに包まって汗を出す

ですが、CCTくんはあまり気乗りしないらしく、
クリニックでもらった薬を飲んで、寝てました。
一日ゆっくり寝ていたので、夕方には熱も下がりました。よかった~。

ここ最近、お天気が悪かったり、
外は暑いのに室内は冷房ガンガンだったり。
体にはよくないですよね~。
みなさまもご自愛くださいませね。

スポンサーサイト
04:03CM(0)TB(0)EDIT

2005.06.25 *Sat

紅色暴風警報発令

最近、土砂降りの日が続いている香港です。
朝っぱらから(けりが出かける時間になると)
ざーーーーーーっ雷
と降り始めてくれます。

昨日はけり来港初、紅色暴風警報発令!

香港では暴風警報の度数が色で表されます。
軽い方から黄色紅色黒色と3段階になっていて、
黒色になると

うちに帰れるハート

・・・と思って雨雲さんを応援していたら、同僚のMちゃんが

黒色のときは、「安全なところで待機」なんだよ

と教えてくれました。

つまり、
家にいるときに警報が発令されたら家で待機、
会社には行かなくてよい

でも、
会社にいる場合は
会社から帰れない・・・

とほほ。。。
雨雲さん、降る時は朝の7時からジャンジャン雷やってくださいね
23:03CM(0)TB(0)EDIT

2005.06.25 *Sat

懐かしき倫敦

前回の記事で、ロンドンのクラシック音楽事情を
思いがけずダラダラと書いてしまいました。

その後気づいたこと。
けりったら、ロンドンライフを懐かしがってるんじゃない?

ロンドンでの生活は、
CCTをはじめ、いろんな出会いがあって、貴重な1年だったけど、
はっきり言って、辛かった。

得意なはずの英語が思ったほど話せないし
授業の予習の論文を読むのは遅々として進まないし
論文もどうやって進めていけばいいかわからないし
寮の食堂のおばちゃんは怖いし(笑)
CCTとのことで親ともいろいろあったし。

それに、冬のロンドンって3時過ぎると暗くなり始めて
4時にはもう真っ暗。
鬱になるぅ~(笑)

でも不思議なもので
今思いかえしてみると
なんだか楽しかったかもクローバー

日曜日の夜は寮のごはんが出ないので、
夕ごはんを食べに行くついでに
コヴェントガーデンやリージェントパークにお散歩に行ったり。

自炊の寮に住んでいた日本人の友達とパーティーをしたり。

学校のイベントの帰りに立ち寄った友達のフラット。
おしゃべりしてて、気が付いたら朝の3時。

普段、勉強に追われていた分
こんな何でもないことがずいぶん幸せに思えました。

・・・じゃ、もう一回やる?って言われてもやらないと思うけど(笑)

朝8時にうちを出て、夜9時に会社を出る今の生活と比べると
ロンドンの生活の方が100倍気楽だったなぁ・・・。
我ながらあっぱれなないものねだりです。
03:13CM(0)TB(0)EDIT

2005.06.18 *Sat

Music☆Baton

いつも元気なホン金ちゃんからMusic☆ Batonという
ブログのチェーンメールが回ってきました。

音楽にまつわる4つの質問に答え、5人のブロガーにTBする、というものです。
・・・こまったなぁ・・・最近、音楽聴いてないし、情報も疎いし・・・
でもまぁ、面白そうなので、やってみましょう。

22:10CM(0)TB(0)EDIT

2005.06.13 *Mon

無言天地劇団 My Red Dress

以前このブログでご紹介した無言天地劇団
上海・ソウルとアジアツアーを行い、香港凱旋公演となるMy Red Dress を観てきました。

今回は1時間半に渡るお芝居。
クメールルージュ時代のカンボジアで育ったLoung Ungの手記 First They Killed My Father: A Daughter of Cambodia Remembers を基にしたものです。

正直に感想を言うと、
がっかりドクロ・・・セリフ多すぎ!!!

実際に話すのはLoungのみで、演じていた女優さんもかなり好演だったのですが、
観客が無言天地に求めるものは「ことば」じゃないのです。
演者の豊かな表現力です。
手話がわからなくても、ジェスチャー、顔の表情から観客は演者が表現したいことを読み取ります。
そして、「ことば」が介在しなくても、コミュニケーションが成立するということを身をもって体験します。

たしかに、「ことば」の説明がなければ、今回のような歴史ものの劇は難しいけれど、
それにしても多すぎ。
健聴者にとっては、まるでLoungの一人芝居を観ているようでした。

また、セリフがすべて広東語だったので、時折英語字幕の説明も入ったのですが、
そっちを読むのに一生懸命になってしまったり・・・純粋に「演技」を楽しみたかった。

あとは、無言天地のコアメンバーが脇役になっていたのも残念。

・・・と酷評(?)してしまいましたが、彼らの演技力が最大限に引き出される演目と演出がされるよう、次の公演に期待しています。
02:03CM(0)TB(0)EDIT

2005.06.12 *Sun

六四集会

6月4日は1989年に天安門事件が起こった日。
中国の学生による民主化運動が武力鎮圧された事件です。
事件から16年目の今年もヴィクトリアパークで集会が行われました。

P1000065s.jpg


会の内容は、
事件の背景、
事件で子どもを亡くした母親からのビデオレターの放映、
当時、学生たちによって歌われていた歌の合唱、
幾度ともなく繰り返されるシュプレヒコール、
「以史為鑑 平反六四!(歴史を鑑とし、天安門事件の再評価を!)」

主催者の発表によると、今年の参加者は45,000人。
当時学生だった30代半ばの人々が多く
家族連れやカップルで参加している人たちも見受けられました。

公園に入ると、ろうそくと集会のプログラムを渡されます。
敷物用のビニールをシェアしてくれたり、
ろうそくの火をお互いに渡しあったり、
知らない人なのに、連帯感が自然と出来上がっています。

いつもはどんな場所でも大声でしゃべっている香港の人々ですが、
集会が始まるとおしゃべりをする人もほとんどなく、静かな集会でした。
また、途中でどしゃ降りの雨となりましたが、それでも会場を後にする人は少なく、
そんなところに、今は中国の一部となった香港が、
香港人による自治、民主主義を願っている姿を見たような気がしました。
23:39CM(0)TB(0)EDIT


Profile

けり/kel

Author:けり/kel
香港に生息中♪



Ranking

こっそり参加中・・・。



最近の記事



最近のコメント



Thermos Cat



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ☆kel in HK Wonderland☆ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。