This Archive : 2008年07月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2008.07.31 *Thu

石澳へのたび

P1000329 [640x480]

日曜日にお友達に石澳に連れて行ってもらいました。
にゃーにゃが病院に、という話をしたときに、
子どものころから親しんでいる石澳の天后廟におまいりに行ってくれたというので
天后さまにお礼とにゃーにゃのことをお願いしに、です。
・・・海の女神さまですけどね(笑)。

とぉーーーーっても暑かったこの日、
バスはいっぱい、
ビーチも芋の子を洗うとはこのことかというくらいに混んでいたけれど
こちら側のビーチはのどかなものでした。

で、もうひとつ目的があり(笑)。

P1000336 [640x480]

P1000331 [640x480]

この2枚の写真を見て、ぴぴっとキタ人は通ですよ、ふふふ。

ほんとはもっと時間をかけて、
かわいらしく洋風に改装された唐楼などなど見て回りたかったのだけど
それは次回までおあずけ。
でも、もうちょっと涼しくなってくれないとなぁ。。。


スポンサーサイト
00:37CM(4)TB(0)EDIT

2008.07.24 *Thu

あたらしいカメラ

P1000097 [640x480]
Red Tango Night

ずっとケイタイカメラマンだったのだけど
にゃーにゃがなくなる少し前
プロのカメラマンと知り合い、
いろいろアドバイスをもらってデジカメを選んでいたのでした。
よぉーし、にゃーにゃをバンバン撮るのだ!と。

にゃーにゃがいなくなったときに
「にゃーにゃがいなくなっちゃ、撮るものがないよ。」
と嘆いたら、彼曰く、
「この世界には美しいものがたくさんあるんだから
それを撮って、にゃーにゃに見せてあげればいいじゃない。」

というわけで、カメラを買いました。
マニュアル設定があったり、ちょっと遊べるシロモノなので
逆に慣れるまで時間はかかりそうですが
いろんなところに連れて行って、いろんなものを写そうと思ってますので
乞うご期待!



02:11CM(8)TB(0)EDIT

2008.07.09 *Wed

ご報告

にゃーにゃ 045 Feb 07
みんな ありがと

にゃーにゃが旅立って1週間が経ち、
昨日はお別れの会を行いました。
にゃーにゃと遊んでいただいたことのあるお友達数人に参列していただき、
にゃーにゃのシマシマのおともだちと彼女のおかーさんからお花をいただいて
あたたかくお見送りすることができました。
また、ずうずうしくもこちらで告知したので、
いっしょにお見送りしていただいた方もいらっしゃるのではないかと思います。
みなさま ありがとうございました。

まだあの2日間が昨日のことのように思われますが
確実に日は一日一日と過ぎていき
あっという間に1週間が経っていきました。
そうやって日を重ね、年を重ね、
いつかまたにゃーにゃにあったときに
にゃーにゃが自慢してくれるようなままになっていたいと思います。


02:23CM(8)TB(0)EDIT

2008.07.02 *Wed

お知らせ

今日の香港は夏の青空が広がっています。

突然のお知らせです。
わが愛息子にゃーにゃが昨夜、虹の橋に向かいました。
詳しい原因はわかりませんが、
とにかく彼は最後までまみたんを心配させまいとよくがんばりました。

たくさんの愛をありがとう、にゃーにゃ
そして、みなさんには
今までにゃーにゃをかわいがってくださってありがとうございました。

まだこわくて写真のファイルも開けないのですが、
落ち着いたらまた彼との想い出をつづっていこうと思います。

まみたんは最後までダメままだったのですが、
ほんのしばらくお別れする前に、
せめてもの手みやげに「虹の橋」を日本語にしました。
ひとりで外に出たことのないにゃーにゃが迷うことなく虹の橋にたどりつけるように。
いろいろなバージョンもあるし、
いつものごとく“けり訳”なので、端折ったり意訳しているところはあると思いますが。



~虹の橋~

天国のすぐ近くのこちらがわに 虹の橋があります。
こちらがわのだれかと特に親しく暮らしていた動物が亡くなったとき
その動物は虹の橋に行くのです。

そこには すべての特別なお友達のために草原と丘があって
みんないっしょに走り回ったり 遊んだりできるのです。

そこには たくさんの食べ物と お水と お日さまの日差しがあって
みんなあたたかく 気持ちよく過ごすことができます。

病気だったり 年老いた動物はみんなそこで元気を取り戻し
傷ついたり不自由になった動物も健康な体を取り戻して強くなります。
それはまるで わたしたちが夢に見る 彼らと過ごした日々の中の彼らのすがた。

その動物たちはしあわせに 満たされた日々を送ります
ただひとつのことをほかにして。
彼らは特別なひとのことを想います
のこしてきてしまったひとのことを。

彼らはみんな走ったり遊んだりしています。
しかし ふと足を止め 遠くの方を見やる日がやってきます。
彼の目はそこに集中し そこに行きたいという気持ちが体を震えさせます。
突然 彼は仲間からはなれ 青い草の上を速く より速く 駆けていきます。

あなたは彼に見いだされ
ついにそのかけがえのない友人と再会できたとき
あなたたちはこの幸せな再会によろこび合い
二度と引き離されることはありません。

彼はあなたにキスの雨を降らせ あなたはまた彼の頭をなでます。
そしてあなたのことを信頼しきった瞳を見つめます。
長い間見ることのなかった しかし心の中でいつも見つめていた瞳を。

それからふたりは虹の橋を渡ります・・・いっしょに。


13:02CM(24)TB(0)EDIT


Profile

けり/kel

Author:けり/kel
香港に生息中♪



Ranking

こっそり参加中・・・。



最近の記事



最近のコメント



Thermos Cat



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ☆kel in HK Wonderland☆ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。