--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2005.08.22 *Mon

Movie☆Baton

meiさんからMovie☆Batonを受け取りました。
バトン受け取ってから随分経ってしまいました、ゴメンナサイすいません
映画好きだけど、偏ってるような気もするけれど、
とりあえずけりのチョイスはこんな感じです。
1.過去1年間で一番笑った映画
なんといっても、『功夫』でしょう!!
img20050822.jpgほかにも星爺の映画はたっくさん観ましたが、これだなぁ。
?普通(あるいはそれ以下)の若者が
?ある日突然ヒーローになって悪を倒し
?かわいい女の子ともいい感じになる
というのは彼の映画の王道と分析済みですが、
周りを固めるメンバーも強力だったので、これ!




2.過去1年間で一番泣いた映画
けりは映画観ながら“号泣”はしないんです。(仕事のことで泣くときは号泣ですが(笑))
うるうるうるっときて、涙がぽろり悲しい
この一年で一番泣いた映画は、
最近観たばかりの『いぬのえいが』です。
その中でも感想に書いた『ねぇ、マリモ』という作品が泣けました。

3.心の中の5つの映画
『さらばわが愛~覇王別姫』
かれこれ10年くらい前に観たので、細かい内容は覚えてないのですが、
ものすごい衝撃を受けたことはよく覚えています。
何といっても、レスリー・チャンの演技。
どんな女優さんでもあそこまでの女心、せつなさを演じられる人はいないと思います。

『天使の涙』
『覇王別姫』を観た頃、香港映画にはまっていた時期がありまして。
王家衛の映画って理解はできないんだけど(笑)、
クリストファー・ドイルの映像が大好きです。
ケーブルTVでやっていたときにビデオに録って、何度も何度も観ました。
あの頃から真面目に広東語勉強してたらなぁ(笑)

『妹の恋人』
img20050822_3.jpgこれご存知な方、いらっしゃるでしょうか??
とってもかわいらしいラブコメディ。
知的障害のある妹を持つお兄さんの視点で描かれる、妹とその“恋人”。
ジョニー・デップ演じる“恋人”はとーっても変わっていて、
バスター・キートンのように、無表情でいろんな面白いことをする天才です。
この映画でジョニーが大好きになりました。





『僕たちのアナ・バナナ』
img20050822_4.jpgこれまたかわいらしいラブコメディ。
けりの大好きなNYが舞台です。
カソリックの神父とユダヤ教のラビが大親友、というところでけり的にはかなりツボなんですが、彼らの小学校時代の大親友でカリフォルニアに転校して行った女の子のアナがNYに舞い戻ってくるところから始まるラブコメディです。
ええ、もうお分かりですね、三角関係です。
でもひとりはカソリックの神父・・・もちろん結婚は許されません。
ひとりはユダヤ教のラビ・・・ユダヤ人の女性と結婚することを異常に(笑)期待されています。
恋あり、友情あり、とても素敵な映画です。


『恋に落ちたシェイクスピア』
img20050822_1.jpgシェイクスピアって英文科時代には大っ嫌いで、読みもしなかったのですが、社会人になって少しずつ読むようになりました。
この作品はフィクションとノンフィクションがうまく絡み合っていて、
さらに『ロミオとジュリエット』や『十二夜』が伏線となって、
よくできた映画だなぁと思いました。
この作風、どこかで見た覚えが・・・
そうです、『ラスト・サムライ』と同じ監督さんなのですね。

さて、ここでけりのちょっと恥ずかしい(?)過去を暴露。
東京OLさん時代に、とある英語学校で英語劇をやっておりました。
・・・はい、こともあろうにグウィネス・パルトロウがやっていたヒロインをやらせていただきましたっ(汗)。
セリフ覚えたり発音の練習に、何十回も観た思い出の映画です。
映画と同じで一人二役、早着替えもあって大変でしたが、
クラスメイトのみなさんの協力でなんとか切り抜けられました。

他にも、シェイクスピア映画だとケネス・ブラナーの『から騒ぎ』も大好きな作品のひとつです。

4.これから観たい映画
『Charlie and the Chocolate Factory』
香港では封切りになっているので、
昨日観ようかなと思っていたのですが、
近くの映画館が「広東語吹き替え、英語字幕なし」だったのでやめました。
いや、その、ジョニー・デップ好きですし、
ティム・バートン x ジョニーと言えば、『シザーハンズ』。
ストーリーを読んでみると、なかなか面白そうですし。

『My Father』
第二次大戦時中、何千人ものユダヤ人や障害を持つ子どもたちに
人体実験を行った医師、ヨゼフ・メンゲレ。
戦後、南米に逃亡した彼に再会した彼の息子の目から見た父親の話です。
東京で上映されるのをネットで偶然見つけましたが、
「こういうのって香港じゃやらないだろうなぁ・・・」と思ってます・・・。
DVD探すっきゃなさそうです。

『Bewitched~奥さまは魔女』
お友達のbonbonさんがMovie Batonで観たい映画にあげられていて、
映画化されたことを知りました。
けりも観たい!!!
TVシリーズ、大好きでした。
学生時代に再放送をしていて、飽きもせず、よく毎日見ていたものです・・・。
60年代、古きよき時代のアメリカンファミリー。
サマンサのファッションも素敵でした。
今回のサマンサはなんとニコール・キッドマン。
またまたおしゃれなサマンサになること、間違いなしです。


えーっと、バトンなのですが、
すでに随所回っているように感じるので
とりあえずここで止めちゃいます。
が、自分の好きな映画について語ってみたい方、
募集します!
我こそは、という方いらっしゃいましたら、
ご一報くださいませ~笑顔
スポンサーサイト
01:35CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

けり/kel

Author:けり/kel
香港に生息中♪



Ranking

こっそり参加中・・・。



最近の記事



最近のコメント



Thermos Cat



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ☆kel in HK Wonderland☆ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。