--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2005.03.26 *Sat

石[石夾]尾人文館

先週の土曜日、「石[石夾]尾人文館」に行ってきました。
人文館って言われても、なんのこっちゃって感じですが、
石[石夾]尾の公共住宅の一部を開放し、50年代、70年代、80年代、90年代と
各年代別の展示がしてあります。

img20050402.jpg



手前の古い建物が
「石[石夾]尾人文館」です
もともとこの公共住宅というのが、
1953年に起きた石[石夾]尾の大火によって住む場所を
なくした人々のために造られたとあって、
50年代には6畳ほどの部屋に3家族15,6人が詰め込まれて棲んでいたそうです。

二段ベッドが3組、ひとつのベッドに2~3人が寝ていたことになり、
プライベートというものは皆無だったことが伺えます。
もちろん、トイレなんかもありません。


img20050402_1.jpg

それが70年代になると
一部屋に2家族、隔てる壁もあり、やっと家族の生活となっていきます。

このころは香港の軽工業が発展した時期で、プラスチックフラワーやアクセサリーなども展示されていました。

・・・結構キッチュでしょう?



80年代の部屋は1家族が暮らし、
テレビや冷蔵庫などの家電も揃ってきます。
各年代別にどんな暮らしだったかストーリー構築がされていて、
80年代の子どもたちは学校から帰ってきて
ドラえもんを観るのが楽しみだった、
と書かれていました。

90年代は、子どもたちが狭い公共住宅から巣立っていき、
残されたお年寄りの生活となっていました。
実際に、このような古い公共住宅を嫌って
若い世代は引っ越していき、今は高齢化が進んでいるそうです。

展示に使われている以外の部屋は
もちろん今も人々が暮らしている住宅です。
・・・洗濯物を干すおばちゃんたちの会話や、
土曜の昼下がりとあって麻雀の音も聞こえてきて、
生活感満点の博物館でした。
スポンサーサイト
21:23CM(0)TB(0)EDIT

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

けり/kel

Author:けり/kel
香港に生息中♪



Ranking

こっそり参加中・・・。



最近の記事



最近のコメント



Thermos Cat



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © ☆kel in HK Wonderland☆ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。